岩出山の妖怪おっち(落ち武者くん)の由来

・NEW・

岩出山おっち、平成28年政宗公まつり 宵祭り実行委員 広報担当に就任!!!

 ➡  甲冑コスプレ世界大会 についてはこちらご参照ください★



【大崎一揆について】

秀吉の命により奥州仕置で戦わずして大崎家は滅亡した。しかし、新領主のやり方があまりにひどく民は反感を強め不満が爆発していた。そこで、大崎家の家臣だったもの達が立ち上がり一揆を起こした。1590年10月16日より始まった大崎一揆である。


【落ち武者くんのモデルについて①】

大崎家の四天王の一人であった人物。大崎一揆にて敗れ落ち武者となる。その後、伊達家に仕官する際、歴史から消す為にと領土や苗字を奪われ、関連書物なども全て燃やされた後に、伊達家の家臣となる。


【落ち武者くんのモデルについて②】

伊達家家臣として懸命に働いた功績が認められ、新しい土地(岩出山)を与えられ、苗字も戻された。その後、一家の位にまで辿り着くこととなる。この人物は、ある落ち武者くんスタッフの先祖にあたり、その時に与えられた土地にスタッフは現在も住んでいる。

【落ち武者くん誕生について】

大震災が発生し、地元の活気や笑顔が失われた際に、皆さんに元気を取り戻してもらう為に何か出来ないかと考えた。そこで、民の為に立ち上がり、落ち武者となっても這い上がった先祖をモデルにキャラを作ることとなった。これが、落ち武者くんの誕生ルーツである。 

 【大崎市について】

大崎家は滅亡し、大崎一揆で敗れたが、古くから大崎の土地を開拓し創り上げた功績を讃えられた大名である。現在の大崎市の名前は、当時の大名であった大崎家の名から由来する。

■岩出山おっち~落ち武者くん~紹介

【おっちについて】
戦国時代、1590年10月16日大崎家家臣として『皆に笑顔を届ける』ため大崎一揆に参戦するも敗れ落ち武者に。その後、伊達家に仕官し懸命に働いた功績が認められ一家(いっか)の位まで辿りついた出世侍である。
ある日、眠っていると大きな揺れで目を覚ます。そこは2011年の東日本大震災が発生した現世だった。
妖怪となり現世へ戻ってきたおっちは、すっかり元気を失くし笑顔がない人々の為に、戦国時代では成し得なかった『皆に笑顔を届ける』ため、再び立ち上がることを決めた。武器は刀ではなく笑顔で★

 【おっちの物語】
戦国時代、宮城県大崎市で大崎家の四天王の一人として、みんなに笑顔を届ける為”大崎一揆”で戦ったけど、負けて落ち武者になってしまったオッチ凹
でも、めげずに伊達家に仕官して家臣として懸命に働いたら、その働きが認められ出世することに成功したオッチ♪

そんなある日、ふと気がついたら現代にいたオッチ(汗)

そう言えば、夢を見ていたおっち・・

夢の中で一揆に参加していて矢が頭に当たって、、っわぁぁ(;´Д`)

って驚いたら大きな揺れが起きてて、目が覚めたオッチ。

そこは平成の時代だったオッチ・・
周りを見渡せばみんな元気がなくて笑顔がないオッチ(´;ω;`)

これはきっと、まだ大事な役目があるじゃろって、えんま様の仕業オッチね。

おっちは決めたオッチ。
落ち武者だった頃の気持ちを忘れないように、頭に矢を飾って決意したオッチ!!
今度こそ、みんなに笑顔を届けられる様に頑張るオッチ!

・性別:男
・特徴:人間ではなく妖怪         
・好物:岩出山のかりんとう、大崎市生まれのお米で作ったおにぎり
・未婚           
・語尾:オッチ 
・一人称:おっち                
・機動力:東北内
・誕生日:1590年(天正18年)10月16日(葛西大崎一揆が始まった日)
 ※眠ってる間に誕生日を忘れてしまった為、妖怪誕生日としてこの日にしています。
・職業:大崎家家臣のち伊達家へ    
・趣味:どんぐり集め
・特技:なわとび  
 ・特徴:あまり目がよくない
・伊達政宗について:恨んでいない 

★ゆるキャラグランプリ2013
1579体中 総合792位・ご当地部門693位
トータルポイント1334pt











★ゆるきゃらグランプリ2014
1699体中 総合360位・ご当地部門268位
トータルポイント5624pt








★ゆるきゃらグランプリ2015
1727体中 総合288位・ご当地部門196位
トータルポイント12148pt



0 件のコメント:

コメントを投稿